【文法】受け身の文


能動態 He uses this bike. (彼はこの自転車を使います。)
受動態 This bike is used by him. (この自転車は彼によって使われます。)
  • be動詞+過去分詞“の形で「~される」という意味を表します。
  • by~“は「~によって」という意味を表します。
能動態 They speak English in Australia. (彼らはオーストラリアでは英語を話します。)
受動態 English is spoken in Australia. (オーストラリアでは英語が話されます。)
  • 主語(we・they)が一般の人々を指すときは,”by~”は省略されます。

[問1] 次の日本文を英文にしなさい。

1) この本は彼によって書かれました。

2) この部屋は昨日久美によって掃除されました。

3) そのお店は10時に開店します。


Was the cake made by her? (そのケーキは彼女によって作られましたか。)
─ Yes, it was. (はい,作られました。) / No, it wasn’t. (いいえ,作られませんでした。)
  • 疑問文をつくるときは,be動詞を主語の前に移動させます
  • 答えの文にはbe動詞を使います。

[問2] 次の日本文を英文にしなさい。

1) その車は彼によって洗われましたか。 ─ いいえ,洗われませんでした。

2) 田中先生(Mr. Tanaka)は生徒たちに好かれていますか。 ─ はい,好かれています。


The book wasn’t read by the students. (その本は生徒たちに読まれませんでした。)
  • 否定文をつくるときは,be動詞のうしろにnotを入れます

[問3] 次の日本文を英文にしなさい。

1) 英語はこの国では話されていません。

2) その教室は生徒たちによって掃除されませんでした。


I am interested in Japanese history. (私は日本の歴史に興味があります。)
The man is known to everyone. (その男の人はみんなに知られています。)
補足 “by以外の前置詞を使う連語”
be interested in~「~に興味がある」
be surprised at~「~に驚く」
be known to~「~に知られている」
be covered with~「~でおおわれている」
be pleased with~「~が気に入る」
be made from 原料「~からつくられる」
be made of 材料「~でできている」
be made into~「~に加工される」

[問4] 次の日本文を英文にしなさい。

1) 彼らはその知らせに驚きました。

2) その山は雪でおおわれています。

スポンサーリンク

【解答】受け身の文

[問1]

1) This book was written by him.
2) The room was cleaned by Kumi yesterday.
3) The store(shop) is opened at ten (o’clock).

[問2]

1) Was the car washed by him? ─ No, it wasn’t.
2) Is Mr. Tanaka loved(liked) by (the) students? ─ Yes, he is.

[問3]

1) English isn’t spoken in this country.
2) The classroom wasn’t cleaned by (the) students.

[問4]

1) They were surprised at the news.
2) The mountain is covered with snow.

タイトルとURLをコピーしました