【文法】不定詞を含む構文


不定詞の名詞的用法To speak English is difficult for me. (※中2の学習内容)
(私にとって英語を話すことは難しい。)
It~(for…)to─の文It is difficult for me to speak English.
(私にとって英語を話すことは難しい。)
  • It~(for…)to─.は「(…にとって)─することは~だ。」という意味を表します。
重要 この構文では「It」は形式上の主語で,「to─」の部分が意味上の主語となります。

[問1] 次の日本文を「It~(for…)to─」の形の英文にしなさい。

1) 毎日歩くことはよいことです。

2) 彼女にとって本を読むことはおもしろい。

3) 英語を勉強することは重要です。

4) 健にとってコンピューターを使うことは簡単です。


My father taught me how to play baseball. (私の父は私に野球の仕方を教えてくれました。)
補足 疑問詞+to~」(how to~以外の表現)
what to~「何を~したらよいか」,when to~「いつ~したらよいか」
where to~「どこで~したらよいか」

[問2] 次の日本文を「疑問詞+to~」の形の英文にしなさい。

1) その駅に行く方法を私に教えてください。

2) 私はピアノの弾き方がわかりません。

3) 私は彼女のために何を買えばよいかわかりませんでした。

4) 彼女はどこでその本を買えばよいか知りたがっています。


I asked him to open the window.
(私は彼に窓を開けるよう頼みました。)
My mother always tells me to study English.
(私の母はいつも私に英語を勉強するように言います。)
She wants him to read this book.
(彼女は彼にこの本を読んでほしい。)
ask+人+to~人に~するように頼む
tell+人+to~人に~するように言う
want+人+to~人に~してほしい

[問3] 次の日本文を英文にしなさい。

1) 私の父は私にピアノを弾くよう頼みました。

2) 私たちの先生は私たちにそこに行くように言いました。

3) その男の人は彼女に自分を手伝ってほしかった。

スポンサーリンク

【解答】不定詞を含む構文

[問1]

1) It is good to walk every day.
2) It is interesting for her to read books.
3) It is important to study English.
4) It is easy for Ken to use a computer.

[問2]

1) Tell me how to go to the station.
2) I don’t know how to play the piano.
3) I didn’t know what to buy for her.
4) She wants to know where to buy the book.

[問3]

1) My father asked me to play the piano.
2) Our teacher told us to go there.
3) The man wanted her to help him.

タイトルとURLをコピーしました