英語の苦手克服はまず予習から

予習なんてできるはずがないよ…。

英語が苦手な人ほどそう思うものです。

予習をすることの本当の意味、目的、大切さ。

それは普段からやっている人にしか理解できません。

では、その予習の目的とは一体なんでしょう?

英語が苦手な原因

学校の授業の中でこのように感じたことはありませんか?

どうしてボクだけ理解できないんだろう?

わたしは頭が悪いのかなぁ…

大抵の場合、それは学校の先生の解説が、情報として耳に入ってこないのが原因です。

つまり、授業に対する先入観苦手意識からすでに勝負が決まっているということ。

授業内容をちゃんと理解できるかどうかは、精神状態に大きく左右されているということです。

予習をして授業に対するモチベーションを高めましょう

予習をするいちばんの目的はそこにあります。

これは知ってる!

そう思うことが気持ちに余裕をもたせてくれます。

当然、その点は英語に限った話ではありません。

巷に予習中心の学習塾が多いのは、おそらくそういう理由でしょう。

自分だけでやれる英語の予習法はあります!(↓)

予習法①:英単語だけ書けるようにしておく

予習法②:教科書の本文を読めるようにしておく(音読必須)

  このとき、内容の理解は不要です。

予習法③:文法の形だけ頭に入れておく

〈例〉現在進行形 ⇒ be動詞+動詞のing形 など
予習法②に限っては市販の補助教材(教科書ガイドCDなど)が必要ですが、学習塾などに毎月支払う月謝に比べれば安い投資です。

英語が苦手な子ほど復習に意識を置く傾向にあります

今、学校で学習していることそっちのけで、ずっと昔に習ったことを復習しようとしていませんか?

まずは復習でしょ!

保護者ですらそう考えてしまいがちです。

もちろん、過去の復習がまったく不要とは言いません。

しかし内容理解までホントに自分一人の力でできるでしょうか?

学校の授業が理解できないから、自分でなんとかしなきゃ…

こう思った時点ですでに悪循環にハマってます。

わざわざ復習に時間を使わなくても、重要な文法・構文はいずれまた必ず出てきます。

英語の勉強をしているとき、

「ココの文法がわからないなぁ…」

過去の内容を勉強するとしたら、そこがタイミングです

その日あった授業の復習ももちろん大事です

知識をしっかり定着させるのに、復習は必要不可欠です。

ただ、まずは授業の内容がしっかり理解できなければ、復習するモチベーションもなかなか上がりませんし、勉強もはかどりません。

予習する
   ↓
授業が理解できる
   ↓
復習してその日の授業内容を定着させる

上の流れ(リズム)をしっかりつくること。

「過去にさかのぼった復習」ではなく、

その日勉強したことの復習」のほうを優先させること。

自宅での学習で、授業の復習を習慣化させるきっかけづくりのためにも、やはり予習は大切です。

苦手な人ほど、「今まで」より「これから」です!

きっかけを掴むにはまず予習から。

タイトルとURLをコピーしました